Just another WordPress site

リーガ・エスパニョーラ第5節「ヘタフェvsアトレティコ・マドリード」

Pocket

 

リーガ・エスパニョーラ第5節「ヘタフェvsアトレティコ・マドリード」が9月23日にヘタフェのホームスタジアムであるコリセウム・アルフォンソ・ペレスにて行われます。

柴崎岳選手が所属するヘタフェがリーグ3強の1つに数えられる強豪アトレティコ・マドリードと対戦します。

チーム規模や過去の実績を考えればアウェイとは言え、アトレティコ・マドリードが圧倒的優位である一戦ですけど、今シーズンここまでの成績ではヘタフェが5位でアトレティコ・マドリードが10位となっています。

ヘタフェはホームアドバンテージを活かして調子の上がらないアトレティコ・マドリードに善戦したいところです。

展開次第では昨シーズン1回も勝てなかった相手に勝つことも夢ではありません。

ではヘタフェvsアトレティコ・マドリードの勝敗オッズをブックメーカーから見ていきましょう。

 

ブックメーカーbwin

ヘタフェ勝利 5.00倍、引き分け 3.20倍、アトレティコ・マドリード勝利 1.85倍、

ブックメーカースポーツベットアイオー

ヘタフェ勝利 5.20倍、引き分け 2.70倍、アトレティコ・マドリード勝利 1.81倍、

ブックメーカーチェリーカジノ

ヘタフェ勝利 5.20倍、引き分け 3.20倍、アトレティコ・マドリード勝利 1.83倍、

 

現在のオッズを見るとやはりアウェイのアトレティコ・マドリードが優勢となっています。

アトレティコ・マドリードは昨シーズンリーグ2位の成績を収めUEFAヨーロッパリーグを制したチームですから、中位クラブのヘタフェからすれば数段格上の相手なので人気するのも当然です。

ただ現在のチーム状態は良好とは言えず、特に得点力においてはリーグ4試合で3得点とアトレティコ・マドリードにしては全く物足りない結果となっています。

アトレティコ・マドリードの得点力低下の原因となっているのがエースでフランス代表のアントワーヌ・グリーズマンの不調です。

グリーズマンのプレーを見ると6月から7月にかけて行われたロシアW杯でコンディションを最高潮に持っていき、それからW杯後の少ないオフ期間で体を休めた分、トップコンディションに戻りきっていない様に見えます。

あと数試合もすればコンディションを取り戻し、点を取りだすと思いますので心配していませんけど、ロシアW杯では見事フランス代表チームを優勝に導いたグリーズマンの復調が待たれます。

ただ現状を考えればアトレティコ・マドリードの過剰人気は否めませんし、ヘタフェの状態が良いだけに試合結果は荒れそうな予感がします。

よって今回の勝敗予想は引き分け、もしくはヘタフェ勝利を予想と致します。

ヘタフェはリーグ戦4試合で失点がレアル・マドリードに奪われた2点のみと堅守を誇るチームなので、今のアトレティコ・マドリードの得点力で点を奪うことは難しいと考えます。

更にヘタフェにはホームアドバンテージの強みもありますから、展開次第ではアトレティコ・マドリードに勝つ可能性もゼロではありませんのでヘタフェイレブンの奮闘に期待しましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。